2013年12月13日

うたた寝が脳にもたらす効果がすごい!意図的にうたた寝をする方法も!

ついついやってしまう「うたた寝」。

自分では起きているつもりでも、一瞬だけ意識を失うように眠ってしまいます。

実は、このうたた寝は脳にとても良い効果があることが分かってきたのです。

「うたた寝」は別名「マイクロスリープ」とも呼ばれています。

数秒から10秒ほど、自分では眠るつもりはなくても睡眠状態に入るのです。

会議中、授業中などにカクッと眠ってしまう、それがマイクロスリープ(うたた寝)なのです。

実はこの一瞬のマイクロスリープには脳に意外な効果があります。

それを今回は紹介します。

うたた寝がもたらす効果

マイクロスリープは脳の回復を大きく促す効果があることが分かってきています。

一瞬のマイクロスリープが、脳を瞬間的に回復してくれるのです。

逆に言うと、マイクロスリープが何故起こるのかと言うと、脳が限界を感じて体を強制的に

シャットダウンするために起こる一つの自己防衛の手段なのです。

この一瞬のマイクロスリープによって、大きな睡眠効果や大脳新皮質の休息にもなるのです。

このマイクロスリープは意図的に活用することも可能です。

昼間の休憩中などのすき間時間に、前日の睡眠不足を補うことも出来るのです。

意図的にうたた寝をする方法

@ イスに腰掛け、そのまま眠りましょう。

A このとき、指と指の間に乗せるように手に鍵を持っておきます。

B リラックスして眠りに落ちます。

C 本格的に眠りに落ちた瞬間に鍵が手から落ち、大きな音がします。

D スッと目覚めています。

これは、かの有名なアルバート・アインシュタインやサルバドール・ダリも実践していた方法です。

会議前や、疲れて考えがまとまらないような時は、是非やってみてください。

その他にも、マイクロスリープは様々な場所で行うことが出来ます。

トイレや公園、喫茶店やコンビニなどでも、寝不足で疲れている人は一瞬だけ目を瞑ってみましょう。

マイクロスリープの達人ともなれば、電車のつり革に掴まったまま眠りにつきます。

ただしこれは初心者が行うのは危険ですw


以上です!
posted by ゆうき at 04:59 | Comment(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。