2013年11月17日

蒸しタオルは乗せなきゃ損!美容効果抜群の蒸しタオル美容法とは!作り方と効果、注意点のまとめ。

エステに行ったときなど、蒸しタオルを顔に乗せられたことはありませんか?

温かい蒸しタオルを顔に乗せることによって皮膚の血行が促進され、また毛穴を開かせるので

中の汚れを落としやすくしてくれます。

このように「蒸しタオル美容法」は非常に美容効果の高い方法なのです。

肌がくたびれたように感じる時や、くすんでいるように感じる時、乾燥していると思う時に

行うと、かなりの効果があります。

そこで今回は、蒸しタオルの作り方とその効果、注意点などを紹介します。

蒸しタオルの作り方

@タオルを水に浸す

タオルを水に浸し、軽く絞ります。

そしてロールケーキのようにぐるぐるとまるめます。

Aレンジでチン

まるめたタオルをビニール袋などの耐熱袋に入れ、1分ほどレンジに入れます。

熱すぎたりぬるすぎてもいけないので、最適な加熱時間は自分で確かめてみましょう。

B後は顔に乗せるだけ

熱すぎると逆効果なので、そのような場合は心地よいと感じる程度まで冷まし、顔を覆います。

そのまま5分から10分ほど載せておきましょう。

後藤真希さんは30分もタオルを乗せていたそうです。

この後に冷水で顔を冷やすと肌、毛穴が引き締まりキメの細かい肌になります。

蒸しタオル美容法の効果

・メイクの乗りが良くなる

蒸しタオルを乗せた後は、肌の表面がツルツルになり、メイクの乗りが良くなります。

5分間メイクに時間をかけるなら、そのうち1分は蒸しタオルを乗せている方が美しく見えます。

・クレンジング前にも効果的

クレンジングをする前に顔に蒸しタオルを当てておくことで汚れを浮かせます。

その後にクレンジングをすることによっていつもより短時間で汚れが落ちます。

また、毛穴の奥に入り込んだメイクも取ることが出来ます。

クリームタイプのメイク落としを使っている方は特に効果が実感できるはず。

・血行改善

5分ほど蒸しタオルを顔に乗せていると、顔がぽかぽかしてきます。

これは血行が良くなってきている証拠です。

顔の血行が悪いと、むくみ・くま・たるみなどを引き起こします。

若々しい肌を維持するためには、常に血行を良くしておくことが重要。

・鼻炎改善

アレルギー性の鼻炎は鼻を温めることで鼻づまりが良くなると言われています。

・目の疲れの解消

目が疲れたな〜と感じるときには蒸しタオルを目に乗せてみましょう。

あるIT企業では休憩室には蒸しタオルが大量に用意されているそうです。

蒸しタオル美容法の注意点

・熱さに注意

蒸しタオルは外側よりも丸めてある内側の方が非常に高温になっています。

温度を確認せずに顔に乗せてしまうと火傷してしまう可能性があります。

必ず温度を確認し、熱すぎると感じたら冷ましてから顔に乗せるようにしましょう。

・蒸しタオルを使ったあとは肌に刺激を与えないように

肌が非常にやわらかくなっているので、拭くときにはゴシゴシとやってはいけません。

・肌が敏感な人、炎症などのトラブルがある人はダメ

日焼けをしているときや、化膿したニキビがある場合にもしない方が良いです。


以上です!

posted by ゆうき at 09:07 | Comment(0) | カラダ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。