2013年11月13日

男性をイチコロに!モテる女は意識している、日常で心がけるべき「モテるテクニック」まとめ!

女性は誰でもモテたいと思っているはずです。

世の中には様々なモテるためのテクニックが出回っていますが、

今回はそんな「モテテク」をいくつかご紹介したいと思います。

普段から意識することで男性もメロメロになるはずw

計算づくの行動&仕草

・小さなことでも照れ笑いをし、恥ずかしがる

・相手をまねる

相手の動作を真似る行為は、相手への親近感がアップします。

「似たもの夫婦」と言われるような仲良しの夫婦やカップルに多い行動パターンです。

例えば、

「男性がお酒を飲んだら自分も飲む」

「サラダを食べたら自分もサラダを」

「頭をかいたら自分も頭をかく」

「笑ったら笑い返す」

という風に、さりげなく小さな仕草も真似てみましょう。

ただしやり過ぎてしまうとちょっと気持ち悪いかもw

・ドジを見せる

ちょっとしたドジを見せることで、男性に「守ってあげたい!かわいい!」と思わせることが出来ます。

何もないところでつまずいてみたり、食べ物や飲み物をこぼしたり、方向音痴だったり・・・

ちょっと抜けてるドジっ娘を演じてみましょう。

同姓にはウケは悪いかもしれませんが、男子ウケは抜群です。

ただしやり過ぎはさすがに引かれてしまいますので、たまにちょっとしたことでドジ感を出しましょう。

・ちょっとしたお願いをする

「あれ取って〜」「このフタ開けて〜」

などと、とても簡単なお願いをしましょう。

男性は「頼られたい」という欲求が潜在的にあります。

簡単なお願いをするだけでこの欲求を満たすことが出来るのです。

日常の何気ないシーンでも超簡単なお願いをしてみましょう。

壇蜜テクを取り入れる

・虚ろ目を意識

パッチリとした目よりも虚ろな目の方が妖艶さが増します。

・敬語も取り入れてゆっくりと話す

はきはきと話すよりも、ゆったりと壇蜜のようなスピードで話しましょう。

女性らしさがアピールできます。

・唇のツヤ、質感を重視

男性は唇をよく見ています。

少し色がついたグロスやリップクリームで、男性が触れたくなる唇を作りましょう。

・質素な感じを出す

ブランドものを身にまとっていたり、高価なものを身につけていると印象ダウン。

髪の毛も黒色にしたりと、つつましく堅実なイメージを作りましょう。

男性は「何かしてあげたくなる」と感じるはず。

・フレンドリーに

男女ということを意識すると、つい距離が遠くなります。

しかし、少し近くに寄るだけでも男性は恋愛感情と勘違いしてなびきやすいです。

「ちょっと手を見せて」

と手を触ったり、

「お疲れ様」

と肩をポンと触るだけでも、親密感が出来ます。

目線を意識

・ぼんやり見つめる

1. 自然に目が合いやすい「斜め前方向のエリア」を確保する。

2. なんとなく、ぼんやりと見つめる。

3. 相手が気づいたら0.5秒ほど目を合わせ、斜め下に視線をそらしましょう。

ただしガン見はNG!

警戒心を与えてしまいます。

・見つめるときは微笑まない

なんとなくほほ笑んだほうが良い感じがしますが、微笑まずに見つめると相手は、

「なんだなんだ?」

とこちらの事が気になってきます。

揺れるものを身につける

男性は狩猟本能があるため、動くものを目で追います。

例えば、

ピアス、風になびいている髪、ひらひら揺れるスカートなどなど。

意識してみましょう。

会話テク

・相手の利き手側から話しかける

相手の警戒心を解く効果があり、会話も流暢に進めることが出来ます。

・小さめの声で

ちょっと聞こえにくいくらいの声で話すことで、男性はそれを必死で聞き取ろうとします。

そのため、身を乗り出してくるのです。

・恋愛遍歴は秘密に

「秘密」は男性の「知りたい欲求」をかきたてます。

ミステリアスな印象を相手に与えることで、相手もこちらを意識するようになります。

メールテク

・自分と相手の名前をメールに複数回入れる

メールの中に2人の名前が何回も出てくることで、2人の世界が完成します。

メールの文章の中のこととは言え、かなり効果ありです。

・いつもは名字、名前で呼んでるけどメールではニックネームを

何故かメールの中ではニックネームで呼ぶと、相手に少しの混乱を与えます。

そのため、相手は今までとは違う感覚でこちらのことを意識し始めます。

あまり使いすぎないのが無難です。


以上です!

がんばってください!


posted by ゆうき at 05:12 | Comment(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。